調剤業務への取組み

患者さんから処方せんを受け付け、正確かつ迅速に調剤を行い、わかりやすい説明のもとに安心・納得してお薬を服用していただくことが薬局および薬剤師にとって最も重要な業務です。

その調剤業務において私どもの薬局では、「正確・丁寧・迅速」な調剤をモットーとしています。

「間違いのないように、丁寧に」 と 「できるだけ早く」

この相反する2つのテーマ両立への取組みとして、独自の調剤支援システムを構築し運用しています。
調剤状況モニタリングシステムによる待ち時間などの可視化、調剤用搬送コンベアでの作業効率化、薬剤師をサポートする機能を備えた電子薬歴システムの活用などで業務を支援します。
さらに、服薬指導には特に力を注ぎ、開局時間以外でも患者さんが疑問や不安を解消できるよう、体制を整えています。


過去の処方内容を参照しながら今回の処方を調剤支援システムに対して入力します。
入力された内容は、コンピューターにより薬容量・相互作用の有無など様々なチェックが行われます。

処方せん鑑査では、医学・薬学的観点からだけでなく保険法などの観点からもチェックを行います。問題点・疑問点があれば医師に連絡し確認を行います。

調剤支援システムより印刷された調剤支援票を用いて、処方入力が正しく入力されているかをチェックすると同時に、患者情報を加味した処方せんの鑑査を行います。必要に応じてお薬の注意票を添付します。
※調剤支援票には、処方入力されたデータと薬歴データをもとに、今回処方・前回処方・調剤情報・患者情報など調剤に関わる情報が集約され印刷されます。

見直しによる入力チェックが終わると、まず薬を数える調剤(水剤・軟膏・散剤で調剤の必要なもの、一包化するもの以外)を行います。
調剤支援票に従うことにより正確かつ迅速に作業を行うことができます。
特に規格違い(同じ薬でも量が異なるもの)の取り間違いに注意します。

処方せん入力後に出力される調剤指示書に従って液剤・軟膏剤・点眼剤などの調剤を行います。

処方せん入力後に出力される調剤指示書に従って、散剤の調剤を行います。秤量には散剤鑑査システムを用いています。
※調剤指示書は、処方入力データをもとに、調剤は必要となる散剤・液剤・軟膏剤などの調剤指示情報が各調剤コーナーのプリンターから印刷されます。

調剤指示書のバーコードで処方内容を呼び出します。装置瓶のバーコードを読み取ることで、散剤の取り違いを防止できます。また、秤量ミスや誤差もチェックしています。

散剤指示書のバーコードで処方内容を呼び出すと、分包機が自動的に設定されるので、分包ミスを防ぐことができます。また分包紙には氏名、番号、日付、服用時点が印字されます。

処方せん入力終了後、自動的に錠剤やカプセルを1回服用ごとに一包化します。分包紙には日付、氏名、番号が印字されますが、さらに色マジックで線をひき、区別しやすいようにする場合もあります。

計数調剤した医薬品、処方せん、薬袋などを入れたトレイは処方内容に応じて、錠剤自動分包機や散剤コーナーに寄り道します。各コーナーでお薬が回収され、最終鑑査コーナーに運ばれます。

健康保険法や薬理学的に適正であるか、処方どおりに調剤できているかを総合的に確認します。

現在の待ち時間や待ち人数などの薬局全体の状況と、受け付けた時点からの処方せん単位の進捗状況が、調剤室内のモニターに表示されます。
薬剤師は常にこの状況をモニタリングし、注意をはらいます。

調剤エラー対策委員会を設置し、調剤過誤防止のために対策を練っています。
調剤中に発見されたミスは毎月集計し、職員に報告されます。

医薬品卸さんが医薬品を搬入し、検収を行います。在庫管理もコンピューターを利用し、設定在庫量を下回ると自動的に発注が行われます。

「正確・丁寧・迅速」な調剤業務をめざし、受付からお薬をお渡しして会計までの一連の業務を連携・統合化させた当薬局の独自システムです。
受付、処方入力・鑑査、調剤支援票/指示書、秤量鑑査、薬袋作成、薬歴管理、会計、状況モニタリング、番号呼出、在庫管理など、薬局業務に関わる様々な機能を備え、薬局業務と薬剤師を支援します。