教育関連活動実績

投稿論文

 

 

年月 論題 掲載誌 執筆者 共同研究施設
2015/02 ハイリスク薬服薬指導のポイント Credentials No.77 February 2015 6-8 松本 有右
2014/12 内視鏡を用いたHelicobacter pylori 診断 Helicobacter Research vol.18 no.6 2014 河合 隆、山岸哲也、野口雅久、笹津備規、渡邉清司、 森安史典 東京医科大学病院 内視鏡センター、 東京薬科大学薬学部病原微生物、八王子薬剤センター、東京医科大学病院 消化器内科
2014/12 都薬と私 都薬雑誌36(12)2-3(2014) 松本有右
2014/05 アルコール手指消毒剤のクロルヘキシジングルコン酸塩濃度および使用量の違いによる手洗いの消毒効果 薬学雑誌134,1219-1225(2014) 田中一平、渡邉清司、中南秀将、我妻ちひろ、野口雅久 東京薬科大学薬学部病原微生物教室、 八王子薬剤センター薬局
2013/08 一次除菌法の現状と問題点 日本臨牀71巻8号1394-1398(2013-8) 河合 隆、森安史典、渡邉清司、笹津備規 東京医科大学病院 内視鏡センター、同 消化器内科、八王子薬剤センター、東京薬科大学
2013/08 一次除菌法の現状と問題点 日本臨牀71巻8号1394-1398(2013-8) 河合 隆、森安史典、渡邉清司、笹津備規 東京医科大学病院 内視鏡センター、同 消化器内科、八王子薬剤センター、東京薬科大学
2013/05 1w/v%クロルヘキシジングルコン酸塩含有アルコール手指消毒剤の抗微生物スペクトル  医療薬学vol.39,No.5(2013) 渡邉清司、塩浦真菜、中南秀将、笹津備規、野口雅久 東京薬科大学薬学部病原微生物学教室
2013/02 禁煙実施例の紹介  都薬雑誌35(2)44-47(2013) 三溝 学
2013/01 高齢者の血清クレアチニン自己簡易測定による腎排泄性薬剤の薬学的管理の可能性  日本腎臓病薬物療法学会誌1(3)131-138(2013) 渡邉清司、松本有右、竹内裕紀、和久田光宣、岡田寛征、茂木 徹 、箭内智大、荷見恭平、野崎拓史、木下真緒、李 英健、川口 崇、畝崎 榮、山本一章、平川博之 東京薬科大学薬局管理学講座、東京薬科大学医療実務薬学教室、介護老人保健施設ハートランド・ぐらんぱぐらんま、東京薬科大学実務実習研修センター
2007/10 すぐに役立つ薬局アイデア 第2回お薬手帳を活用してもらうために  都薬雑誌29(10)16-19(2007) 横溝広和
2007/09 すぐに役立つ薬局アイデア 第1回 待合室における患者サービス 都薬雑誌29(9)16-19(2007) 小林祐希
2007/05 Association of tannase-producing Staphylococcus lugdunensis with colon cancer and characterization of a novel tannase gene Journal of Gastroenterology2007 May;42(5):346-51 Norihisa Noguchi, Takashi Ohashi, Taisei Shiratori, Koji Narui, Tadashi Hagiwara, Mari Ko, Kiyoshi Watanabe, Takeo Miyahara, Satoru Taira, Fuminori Moriyasu, and Masanori Sasatsu 東医大、医療センター、東薬大病原微生物
2007/03 Efficancy of low-dose proton pump inhibitor (PPI) in the eradication of Helicobacter pylori following combination PPI/AC therapy in Japan Hepatogastroenterology 2007Mar;54(74):649-54 Kawai T, Kawakami K, Mikinori K, Takei K, Itoi T, Moriyasu F, Takagi Y, Aoki T, Watanabe K, Matsumoto Y, Rimbara E, Noguchi N, Sasatsu M
2007/03 実務実習モデル・コアカリキュラムに即した、音声付パワーポイント教材の試作 都薬雑誌29(3)4-8(2007) 岡田寛征
2007/01 後発医薬品の使用促進策と薬局の対応 とうやく 378号18-23(2007) 山田弘志、下平秀夫
2007/01 医療薬学の扉は開かれた 第16回日本医療薬学会参加レポート 都薬雑誌29(1)44-48(2007) 下平秀夫
2007/01 日本社会薬学会第25年会大会参加記 都薬雑誌29(1)22-28(2007) 矢崎鈴子、塩沢 恵、末宗美奈子、奥住由美子、諏訪部武子、小畑美和子、重久幸子、松本有右、水谷恒男、谷口廣光 東京都学校薬剤師会立川支部、東薬大
2006/11 ホームページ紹介 国立健康・栄養研究所  医薬品情報学8(3) 下平秀夫
2006/11 論文執筆入門 論文執筆の考え方 Medical Pharmacy 2006/11月号 下平秀夫
2006/08 包装・製剤変更と医薬品情報 薬局の立場から 医薬品情報学8(2)149-153(2006) 下平秀夫、山田弘志、渡邉清司、茂木 徹
2006/02 新東京散歩特別企画
Yokota Air Force Base Pharmacy-日本の中にあるアメリカの病院の薬局見学-
都薬雑誌28(2)45-48(2006) 下平秀夫
2006/02 薬学生実務実習におけるメーリングリストの活用 都薬雑誌28(2)12-17(2006) 和久田光宣、岡田寛征、大平昭一、山田弘志、馬場晴美、渡邉清司、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2006/01 一般名処方の現状と課題-広域処方せんを応需する保険薬局の立場から- 薬局57(1)61-66(2006) 山田弘志、鈴木理沙、増子由紀、小林祐希、藪下健太郎、大平昭一、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2005/11 多摩薬薬連携協議会の活動状況 - 5回フォーラム「お薬手帳の現状と課題」より  都薬雑誌27(12)42-47(2005) 阿部宏子、下平秀夫、茂木徹、戸塚淳逸、村田和也 多摩薬薬連携協議会
2005/11 一般用医薬品の適正な情報提供に向けて-OTC薬データベースの試作- 医薬品情報学7(3)165-170(2005) 後藤孝夫、籏野道子、大平昭一、山田弘志、渡邉清司、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2005/11 ドーピングコントロールにおける薬剤師の役割(The Role of Pharmacists in Doping Control) 都薬雑誌27(11)4-8(2005) Peter J. Ambrose Pharm.D.、訳:下平秀夫、協力:瀬沼香代子 School of Pharmacy University of California, San Francisco、東京薬科大学
2005/10 腎移植患者の免疫抑制療法と服薬指導-保険薬局の立場から- 認定薬剤師生涯研修テキスト 医療薬学会 下平秀夫
2005/08 一般用医薬品の適正でわかりやすい情報提供に向けて 都薬雑誌27(8)49-55(2005) 後藤孝夫、籏野道子、大平昭一、山田弘志、渡邉清司、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2005/08 OTC薬の薬剤情報提供書作成の試み 医薬品情報学7(2)115-116(2005) 下平秀夫、籏野道子、大平昭一、後藤孝夫、山田弘志、茂木 徹、朝長文彌
2005/06 職種別連携・薬薬連携
交流なかった病院・薬局が情報交換-医療連携の中でプロ意識を育てる土台に-
連携医療1(1)24-25(2005) 下平秀夫
2005/05 多摩薬薬連携協議会の活動状況-ホームページの開設と第1回~第4回フォーラム開催を中心に- 都薬雑誌27(5)25-31(2005) 下平秀夫、茂木 徹、戸塚淳逸、阿部宏子、村田和也 多摩薬薬連携協議会
2005/03 患者さんと共に過誤を防止する 医薬品情報学6(4)249-252(2005) 下平秀夫、岡田寛征、馬場晴美、朝長文彌
2004/11 シリーズ:そとからみた病院薬剤師さん(第2回) 病院薬剤師と保険薬剤師の壁 東京都病院薬剤師会雑誌53(5)376-378(2004) 渡邉清司
2004/08 薬局における薬学生実務実習の受け入れとその工夫 医薬品情報学6(2)136-137(2004) 馬場晴美、和久田光宣、岡田寛征、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2004/08 医療の高度情報化に向けての薬歴管理のあり方 医薬品情報学6(2)111-115(2004) 松本有右
2004/06 そとからみた病院薬剤師さん連載にあたって-自分が変わればうまくいく- 東京都病院薬剤師会雑誌53(3)211-213(2004) 下平秀夫(イラスト 中泉恵美)
2004/06 中小病院部会活動報告-薬薬連携を中心に- 東京都病院薬剤師会雑誌53(3)198-202(2004) 下平秀夫、右川 浩、坂巻 誠、金子重雄 都病薬中小病院部
2004/04 薬局における医療薬学実習-八王子薬剤センター薬局における医薬品情報学教育を中心として- 医薬品情報学6(1)30-34(2004) 馬場晴美、岡田寛征、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2004/02 消費者へのOTC禁忌情報の提供-kinki goods- 医薬品情報学5(4)175-178(2004) 山田弘志、大平昭一、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2003/12 多摩薬薬連携協議会の紹介-第1回シンポジウム報告を兼ねて- 薬局54(12)2949-2957(2003) 下平秀夫、茂木 徹、戸塚淳逸、村田和也、明石貴雄
2003/10 重大な副作用を未然に防ぐための患者向け副作用用語に関する研究 Home Care MEDICINE 4(10)(2003) 下平秀夫
2003/09 開局薬局での調剤過誤と医薬品包装 医薬ジャーナル39(9)2509-2516(2003) 宇田明洋
2003/08 H.pylori除菌療法における2剤療法の有用性の検討 新薬と臨床 河合 隆、川上浩平、福沢誠克、萩原恭史、高垣信一、額賀健治、平良 悟、中村哲夫、森安史典、高木 融、小柳泰久、林原絵美子、野口雅久、笹津備規、渡邉清司、松本有右 東医大、東薬大病原微生物
2003/06 Inhibitory effects of terpenes on the growth of Staphylococcus aureus Natural Medicines 57(2)64-67(2003) Toshiko Hada, Akiko Shiraishi, Shiho Furuse, Yoshihiro Inoue, Hajime Hamashima, Yusuke Matsumoto, Kazuo Masuda and Kenji Shiojima, Jingoro Shimada
2003/06 HTMLで共有する薬と体の情報ナビゲーションシステム(kk-navi)の構築 医薬品情報学5(1)41-42(2003) 岡田寛征、内藤美和子、馬場晴美、松本有右、下平秀夫、宇田明洋、茂木 徹、朝長文彌
2003/06 東京・多摩地区の薬薬連携協議会の活動紹介 日本薬剤師会雑誌55(6)679-682(2003) 下平秀夫、茂木 徹、谷口廣光、戸塚淳逸、阿部宏子、明石貴雄 八王子薬剤師会、日野薬剤師会、恩方病院、医療センター
2003/04 医療現場の薬剤師に期待されるOTCの知識 ファルマシア39(4)325-328(2003) 下平秀夫
2003/03 八王子薬剤センター薬局における調剤過誤対策 医薬ジャーナル39(3)1048-105(2003) 宇田明洋
2003/03 ハッ!として疑義照会⑭便秘薬は症状に合わせて 調剤と情報9(3)410-411(2003) 菅原幸子
2003/02 ハッ!として疑義照会⑬単独では調剤できない薬 調剤と情報9(2)264-265(2003) 内藤美和子
2003/01 ハッ!として疑義照会⑫同じ薬がほしいのに 調剤と情報9(1)108-109(2003) 山田弘志
2002/12 ハッ!として疑義照会⑪飲み薬が出るなんて聞いてないわ 調剤と情報8(13)1946-1947(2002) 安河内聖子
2002/11 薬剤師職能団体HP紹介 医薬品情報学4(2)87-90(2002) 下平秀夫
2002/11 ハッ!として疑義照会⑩ また同じミスですか! 調剤と情報8(12)1804-1805(2002) 茂木 徹
2002/10 ハッ!として疑義照会⑨
片頭痛治療薬はいつ使う
調剤と情報8(10)1512-1513(2002) 馬場晴美
2002/09 インタビュー
日本薬剤師会中央薬事情報センターの活動について
医薬品情報学4(1)4-9(2002) インタビュアー・下平秀夫
2002/09 OTC関連HP紹介 医薬品情報学4(1)33-38(2002) 山田弘志、下平秀夫、茂木 徹、朝長文彌
2002/09 ハッ!として疑義照会⑧ 金属カチオンとの相互作用もろもろ 調剤と情報8(9)1382-1383(2002) 下平秀夫、有賀睦実
2002/08 ハッ!として疑義照会⑦ オーダーリングシステムの落とし穴 調剤と情報8(8)1222-1223(2002) 山田千晶
2002/07 ハッ!として疑義照会⑥ case1 鉄剤と抗生物質の併用、case2 母乳じゃないとダメなんです  調剤と情報8(7)1058-1059(2002) 有賀睦実、晋川富士子
2002/06 ハッ!として疑義照会⑤ case1 散剤の処方せんは要注意、case2 とても達筆な処方せん  調剤と情報8(6)906‐907(2002) 前川美紀子、大平昭一
2002/05 ハッ!として疑義照会④ case1 宙に浮いたような眩暈、case2 変則投与はお母さんのコンプライアンス不良  調剤と情報8(5)754‐755(2002) 松本有右、渡邉清司
2002/04 ハッ!として疑義照会③ case1 病院間での相互作用、case2 高血圧症患者にかぜ薬 調剤と情報8(4)584-585(2002) 毛塚由紀、後藤孝夫
2002/03 ハッ!として疑義照会② case1 血圧は高くないから、case2 緊急安全性情報が出ていたぞ・・・ 調剤と情報8(3)420-421(2002) 下平秀夫、宇田明洋
2002/02 妊産婦のための健康サイト 医薬品情報学 3(4)223‐228(2001) 下平秀夫、馬場晴美、茂木 徹、朝長文彌
2002/02 ハッ!として疑義照会① case1 医薬品情報提供書のおかげ 調剤と情報8(2)266-267(2002) 下平秀夫
2001/11 シニア、介護福祉関連HP紹介 医薬品情報学 3(3)154-157(2001) 下平秀夫
2001/10 漢方に関係あるHPの紹介 P&M Kampo 6(3)72-81(2001) 下平秀夫
2001/10 収集したエラーをもとに構築したミス防止対策 月刊Leader Medication Error9(11)9-12(2001) 松本有右、渡邉清司
2001/09 Comparison of the effects in vitro of tea tree oil and plaunotol on methicillin-susceptible and methicillin-resistant strains of Staphylococcus aureus Microbios,106,133-141(2001) Toshiko Hada, Shiho Furuse, Yusuke Matsumoto, Hajime Hamashima, Kazuo Masuda, Kenji Shiojima, Taketoshi Arai, and Masanori Sasatsu 昭薬大微生物、東薬大病原微生物
2001/08 子供が利用できる健康サイト 医薬品情報学 3(2)88-92(2001) 下平秀夫
2001/08 漢方に関係あるHPの紹介 P&M Kampo 6(2)44-50(2001) 下平秀夫
2001/07 薬歴の電子化で使い勝手を上げよう 調剤と情報 7(7)1045-1049(2001) 松本有右
2001/05 小児における薬物療法の考え方-小児薬理、体内動態、薬の飲ませ方などを中心に- 小児歯科臨床 6(5)22-29(2001) 松本有右
2001/01 当施設における逆流性食道炎の現況と難治症例の検討 Tama Symposium Journal of Gastroenterology 15(1)22-29(2001) 河合 隆、小熊一豪、工藤 拓、梅沢裕信、荻原正示、森田重文、半田 豊、大野博之、鶴井光治、三坂亮一、川口 実、森安史典、田畑美帆、古市好宏、片上利生、武田一弥、日高道生、六川博子、高瀬雅久、白鳥泰正、宮岡正明、勝又健次、葦沢龍人、山本啓一郎、山田美和子、渡邉清司、松本子、野口雅久、笹津備規 東医大、医療センター、東薬大病原微生物
2001/01 Effects of phosphorus-containing calcium preparation(bone meal powder)and calcium carbonate on serum calcium and phosphorus in young and old healthy volunteers:a double blinded crossover study J Bone Miner Metab18:321-327(2000) Minoru Tsuboi, Masataka Shiraki, Michiyasu Hamada, and Hideo Shimodaira
2000/12 ネチケットに関するサイト 医薬品情報学 2(4)181-184(2000) 下平秀夫
2000/12 喘息患者と薬剤師-保険薬局の立場から- 薬事新報2138,1292-1296(2000) 下平秀夫、浅川玉枝、渡邉清司、松本有右、茂木 徹、持田 豊
2000/10 くすり相談室の現状と将来(JASDIフォーラムレポート) 医薬品情報学 2(3)135-136(2000) 下平秀夫
2000/10 医療事故・過誤サイト 医薬品情報学 2(3)125-127(2000) 下平秀夫
2000/06 医療現場で知っておきたいOTC薬の知識 薬局 51(7)1663-1671(2000) 下平秀夫、馬場晴美、山田弘志、大友美紀子、水船裕子、大平昭一、山田千晶、茂木 徹、持田 豊
2000/06 当施設におけるHelicobacter pylori感染症に対する除菌療法 Helicobacter Research 4(3)246-251(2000) 河合 隆、梅沢裕信、半田 豊、三坂亮一、川口 実、斎藤俊彦、森安史典、勝亦重弘、西里吉則、高田明子、笹津備規、松本有右、茂木 徹 東医大、医療センター、東薬大病原微生物
2000/06 全国の病院・医院の検索サイト 医薬品情報学 2(2)64-66(2000) 下平秀夫
2000/03 第2回インターネットにより提供される添付文書および安全性情報の活用(JASDIフォーラムレポート) 医薬品情報学 2(1)32-33(2000) 下平秀夫
2000/03 新聞記事データベースの利用~過去の薬事ニュースを検索する 医薬品情報学 2(1)26-27(2000) 下平秀夫
2000/01 薬剤感受性から見たHelicobacter pylori除菌におけるNew triple therapyとdual therapyの比較 Tama Symposium Journal of Gastroenterology 14(1)49-56(2000) 河合 隆、上田剛史、杉木修治、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、白鳥泰正、勝亦重弘、西里吉則、中村有紀、高橋総司、森 崇高、馬場辰典、室橋 隆、長島一浩、山下晋矢、寿美哲生、勝又健次、葦沢龍人、山本啓一郎、川口 実、斎藤俊彦、笹津備規、石垣雅子、山田美和子、渡邉清司、松本有右、茂木 徹 医療センター、東医大、東薬大病原微生物、昭薬大微生物
1999/11 執筆論文への2つのブレイクスルー -楽しく書こう- 調剤と情報 5(12)1943-1949(1999) 臨時増刊号「薬剤師のための情報100%活用法」 下平秀夫
1999/09 連載 処方箋のかきかた 第12回 用法、用量、投与日数など注意を要する医薬品 治療薬 4(3)110-114(1999) 朝長文彌、岡部葉子
1999/08 学生および職員に対する医薬品教育の現状と問題点-教育、人員、設備の観点から-保険薬局の場合 医薬品情報学 1(1)18-21(1999) 下平秀夫
1999/06 連載 処方箋のかきかた 第11回 医療用医薬品と市販の一般用医薬品(OTC)-類似名称の医薬品の相違点について- 治療薬 4(2)110-118(1999) 朝長文彌、馬場晴美
1999/02 連載 処方箋のかきかた 第10回 処方量により適応症が異なる薬剤 治療薬 4(1)108-113(1999) 朝長文彌、松本有右
1998/12 連載 処方箋のかきかた 第9回 薬理学的に問題となる処方例 その2 治療薬 3(4)128-132(1998) 朝長文彌、下平秀夫
1998/11 The antibacterial activity of plaunotol against Staphylococcus aureus isolated from the skin of patients with atopic dermatitis Microbios 96,149-155(1998) Matsumoto Y.,Hamashima H.,Masuda K.,Sasatsu M.,Arai T 昭薬大微生物
1998/10 「薬価差ゼロ時代」のための実践的保険薬局経営 チェックマニュアル100 ルシオ 4(4)1-7(1998) 茂木 徹、最上なおみ、高橋清恵、松本有右、川口美智郎 
1998/08 連載 処方箋のかきかた 第8回 査定について 治療薬 3(3)118-125(1998) 朝長文彌、松本有右
1998/06 いま、医療は患者さん主役の時代-薬剤師に求められるもの- Pharmavision 2(6)2-3(1998) 朝長文彌
1998/05 連載 処方箋のかきかた 第7回 保険適応外処方 治療薬 3(2)106-110(1998) 朝長文彌、松本有右
1998/04 漢方薬をのみやすくするための工夫-漢方カップ型ゼリーの開発- Progress in Medicine 18(4)783-788(1998) 下平秀夫、大友美紀子、天谷美和、加納公子、松本有右、朝長文彌
1998/03 薬剤感受性からみたHelicobacter pylori (H.pylori)の除菌療法の検討-2剤療法と新3剤療法の比較- 医学と薬学 39(3)601-608(1998) 河合 隆、中村和人、上田剛史、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、白鳥泰正、西里吉則、水口泰宏、斎藤利彦、池田和恵、石垣雅子、笹津備規、松本有右 医療センター、昭薬大微生物、東医大
1998/02 連載 処方箋のかきかた 第6回 薬理学的に問題となる処方例 その1 治療薬 3(1)88-94(1998) 朝長文彌、高橋美和子
1998/02 薬剤投与のインフォームド・コンセント 皮膚病診療 20(2) 169-178(1998) 朝長文彌、佐久間將夫、山本達雄 佐久間皮ふ科、東京都老人医療センター
1998/02 Helicobacter pyloriに対する抗潰瘍薬と抗菌薬のin vitroの併用効果 病院薬学 24(1)39-43(1998) 松本有右、藤井友紀子、河合 隆、西里吉則、朝長文彌、濱島 肇、笹津備規、新井武利 昭薬大微生物、医療センター
1998/02 スギ花粉症の治療薬剤と服薬指導 薬局 49(2)489-500(1998) 下平秀夫、天谷美和、山田弘志、大友美紀子、朝長文彌、田中光彦 京王八王子駅前診療所
1997/12 日薬代議員会の視点 日本薬剤師会雑誌 49(12)2189(1997) 持田 豊
1997/11 内視鏡的萎縮と13C尿素呼気試験の検討 Progress of Digestive Endoscopy 51 63-66 (1997) 河合 隆、中村和人、上田剛史、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、白鳥泰正、西里吉則、山本啓一郎、松本有右、笹津備規、水口泰宏、川口 実、斎藤利彦 医療センター、昭薬大微生物、東医大
1997/10 連載 処方箋のかきかた 第5回 不正確な処方箋の例 その1 治療薬 2(4)110-116(1997) 朝長文彌、加納公子
1997/10 納豆及びクロレラ食品摂取による血中ビタミンK及び凝固系への影響~ワルファリンの適正な使用のために~ 医薬ジャーナル 33(10)2559-2564(1997) 下平秀夫、天谷美和、朝長文彌、首藤 裕、工藤龍彦 医療センター
1997/10 医療現場からの要望に沿った漢方薬の剤形の検討 月刊薬事 39(11)2247-2252(1997) 下平秀夫、山田弘志、加納公子、松本有右、茂木 徹、持田 豊、朝長文彌、宮川三平 済生会栗橋病院
1997/08 薬剤感受性からみたHelicobacter pylori の除菌療法の検討 Progress of Digestive Endoscopy 50 55-59 (1997) 河合 隆、中村和人、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、西里吉則、山本啓一郎、松本有右、笹津備規、水口泰宏、斎藤利彦 医療センター、昭薬大微生物、東医大
1997/07 連載 処方箋のかきかた 第4回 保険医療上のきまり その2(特別な服用方法を行う場合の記載例) 治療薬 2(3)132-135(1997) 朝長文彌、加納公子
1997/05 連載 処方箋のかきかた 第3回 保険医療上のきまり その1(長期投与) 治療薬 2(2)120-124(1997) 朝長文彌、下平秀夫
1997/04 ワルファリン使用Q&A 薬物相互作用 クリニカルファーマシー 13(49)75-78(1997) 下平秀夫、高橋清恵、朝長文彌、工藤龍彦、首藤 裕 医療センター
1997/02 Helicobacter pyloriのプラスミドの検討 Ulcer Research 24(2)170-173(1997) 河合 隆、中村和人、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、西里吉則、上田剛史、水口泰宏、斎藤利彦、松本有右、石垣雅子、藤井友紀子、笹津備規、藤田友嗣 医療センター、昭薬大微生物、東薬大臨床薬理、東医大
1997/01 Helicobacter pylori のバイオタイプの検討 東京医科大学雑誌 55(1)30-39(1997) 水口泰宏、河合 隆、西里吉則、松本有右、笹津備規 東医大、医療センター、昭薬大微生物
1997/01 連載 処方箋のかきかた 第2回 処方箋の具体的なかきかた 治療薬 2(1)136-140(1997) 朝長文彌、下平秀夫
1996/12 小児アトピー性皮膚炎に対する温清飲軟膏の効果について Journal of Traditional Medicines 13,388-389(1996) 宮川三平、田中俊久、片山 晃、伊藤克巳、加納公子、下平秀夫、内田 寛 済生会栗橋病院、東京女子医大
1996/12 Helicobacter pyloriのバイオタイプと除菌療法 消化器科 23(6)669-674(1996) 河合 隆、上田剛史、松本有右、笹津備規、西里吉則、斎藤利彦 医療センター、東医大、昭薬大微生物
1996 Identification of new enzyme biotypes of Helicobacter pylori isolated in Japan Microbios 85,145-149(1996) Matsumoto Y.,Yamada M.,Fujii Y.,Kawai T.,Nishizato Y.,Uchida Y.,Hamashima H.,Sasatsu M 東薬大第一生化・臨床薬理、医療センター、昭薬大微生物
1996/11 ワルファリン使用Q&A  納豆をはじめとしたビタミンK含有食品に関する服薬指導 クリニカルファーマシー 12(48)79-83(1996) 下平秀夫、天谷美和、朝長文彌、首藤 裕、工藤龍彦 医療センター
1996/10 連載 処方箋のかきかた 第1回 医薬品の適正使用と処方 治療薬 1(1)118-121(1996) 朝長文彌、下平秀夫
1996/09 より実践的な糖尿病患者の服薬指導を目指して-保険薬局の立場から 薬局 47(9)1329-1340(1996) 朝長文彌、下平秀夫
1996/08 母親からの問い合わせもあった漢方製剤ゼリー化の試み MR Journal 14(8)30-31(1996) 加納公子
1996/05 薬剤師国家試験の新しい傾向 薬局 47(5)769-770(1996) 下平秀夫
1996/04 患者の利益、QOLの向上に役立つ実践紙に Pharmaceutical Care 第1号 朝長文彌
1996/04 Enhancement of Anticoagulant Action by Warfarin-Benzbromarone Interaction Journal of Clinical Pharmacology 36(2)168-174(1996) Hideo Shimodaira, Kiyoe Takahashi, Kimiko Kano, Yusuke Matsumoto, Yutaka Uchida and Tatsuhiko Kudo 医療センター
1996/04 施設紹介 クレコンレポート7-12(1996) 茂木 徹
1996/01 消化性潰瘍患者におけるHelicobacter pyloriのバイオタイプと除菌療法 Ulcer Research 23(1)91-94(1996) 河合 隆、上田剛史、内山和郎、六川博子、高瀬雅久、中川雅夫、西里吉則、松本有右、朝長文彌、茂木 徹、持田 豊、藤井友紀子、笹津備規、新井武利、斎藤利彦 医療センター、昭薬大微生物、東医大
1996/01 今後の薬歴のあり方について(手書き薬歴とコンピュータ薬歴) 調剤と情報 2(1)42-43(1996) 松本有右
1995/11 食道異常感症患者に対する半夏厚朴湯と柴朴湯の効果比較 新薬と臨床 44(11)1896-1902(1995) 井上有加、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、西里吉則 医療センター
1995/10 保険薬局薬剤師の外来診察室研修  医療の現場で見た患者の姿、医療者の姿 Pharmacist Journal 2(10)1-3(1995) 内田 寛、加納公子、松本有右、三神幸子、浅岡美和
1995/09 ワルファリン抗凝固療法の指標としての2種のPIVKA-Ⅱ測定値の妥当性 臨床と研究 72(9)2368-2371(1995) 下平秀夫、高橋清恵、内田 寛、伊藤利一、 田中 稔、中洞昌佳、下津浦誠、首藤 裕、工藤龍彦 医療センター
1995/09 ある癌患者さんと薬剤師 Hospha No.4(1995) 内田 寛
1995/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(6)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 外来診察室の研修を振り返って クリニカルファーマシー11(43)89-90(1995) 内田 寛、下平秀夫
1995/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(6)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑳小児科外来 クリニカルファーマシー 11(43)83-88(1995) 加納公子
1995/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(6)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑲放射線科外来 クリニカルファーマシー 11(43)79-82(1995) 福留道代
1995/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(6)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑱病理部 クリニカルファーマシー 11(43)74-78(1995) 馬場晴美
1995/08 薬剤師国家試験の新しい傾向 薬局 46 (8)1183-1188(1995) 下平秀夫
1995/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(5)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑰臓器移植外科外来 クリニカルファーマシー 11(42)95-98(1995) 齋藤直絵
1995/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(5)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑯麻酔科外来 クリニカルファーマシー 11(42)92-95(1995) 谷 澄江
1995/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(5)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑮循環器内科外来 クリニカルファーマシー 11(42)88-91(1995) 三神幸子
1995/06 光およびBHT共存下における錠剤の変色 病院薬学 21(3)231-242(1995) 湯浅 宏、高島由季、金谷芳雄、加納公子、内田 寛 東薬大
1995/05 臨床リポート 食道異常感症患者に対する半夏厚朴湯と柴朴湯の効果比較 漢方診療 14(5) (1995) 西里吉則、畠山有加、加納公子、松本有右、下平秀夫 内田 寛 医療センター
1995/05 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(4)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑭耳鼻咽喉科外来 クリニカルファーマシー 11(41)30-34(1995) 高橋清恵
1995/05 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(4)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑬腎臓内科外来 クリニカルファーマシー 11(41)27-30(1995) 畠山有加
1995/05 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(4)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑫泌尿器科外来 クリニカルファーマシー 11(41)23-26(1995) 曽木明子
1995/05 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(4)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑪口腔外科外来 クリニカルファーマシー 11(41)19-22(1995) 白川直美
1995/05 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(4)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑩整形外科外来 クリニカルファーマシー 11(41)14-18(1995) 名取 環
1995/04 一枚の処方せんから読み取れること~広域処方せんの調剤に思う~ 調剤と情報 1(1)89-93(1995) 茂木 徹
1995/02 第15回アジア薬剤師連合(FAPA)学術大会参加記 薬局 46(2)237-240(1995) 下平秀夫
1994/12 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(3)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑨内分泌代謝内科外来 クリニカルファーマシー 10(40)25-28(1994) 浅岡美和
1994/12 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(3)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑧脳神経外科外来 クリニカルファーマシー 10(40)22-24(1994) 玉川弘子
1994/12 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(3)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑦呼吸器外科外来 クリニカルファーマシー 10(40)18-21(1994) 新井久恵
1994/12 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(3)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑥眼科外来 クリニカルファーマシー 10(40)14-17(1994) 松原絵里子
1994/12 外来癌患者の服薬指導-第6報(最終回)- -外来癌患者からの問い合わせ- 薬局 45(12)2379-2383(1994) 松原絵里子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/11 外来癌患者の服薬指導-第5報- -免疫血液内科外来における抗癌剤投与患者について- 薬局 45(11)2241-2246(1994) 白川直美、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/11 降圧療法がQOLに及ぼす影響 -比較臨床試験の文献調査- 日本病院薬剤師会雑誌 30(11)1295-1302(1994) 下平秀夫、加納公子、松本有右、内田 寛
1994/10 外来癌患者の服薬指導-第4報- -泌尿器科における抗癌剤投与の患者について- 薬局 45(10)2091-2095(1994) 曽木明子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/10 漢方製剤の剤形検討 月刊薬事 36(9)1997-2005(1994) 加納公子、内田 寛
1994/09 アカルボース製剤(グルコバイ錠)の安定性に関する検討-湿度の及ぼす影響- 医学と薬学 32(3)597-601(1994) 岡部葉子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(2)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果⑤免疫血液内科 クリニカルファーマシー 10(39)73-75(1994) 菅原幸子
1994/09 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修(2)-Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果④産婦人科外来 クリニカルファーマシー 10(39)68-72(1994) 高橋美和子
1994/09 外来癌患者の服薬指導-第3報- -胸部外科外来における癌患者について- 薬局 45(9)1927-1936(1994) 菅原幸子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/09 帯状疱疹患者への生活指導と服薬指導 薬局 45(9)1897-1899(1994) 内田 寛、下平秀夫
1994/08 ワルファリンカリウムとベンズブロマロンの相互作用 東京都病院薬剤師会雑誌 43(4)245-247(1994) 高橋清恵、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、工藤龍彦 医療センター
1994/08 外来癌患者の服薬指導-第2報- -産婦人科における抗癌剤投与の患者について- 薬局 45(8)1751-1760(1994) 松原絵里子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修  -Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果③皮膚科外来 クリニカルファーマシー 10(38)23-26(1994) 坂本みどり
1994/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修  -Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果②消化器内科外来 クリニカルファーマシー 10(38)20-22(1994) 岡部葉子
1994/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修  -Pharmaceutical Careの実践をめざして 研修結果①消化器外科外来 クリニカルファーマシー 10(38)16-19(1994) 松本有右
1994/06 保険薬局薬剤師による外来診察室での研修  -Pharmaceutical Careの実践をめざして 保険薬剤師の責務 クリニカルファーマシー 10(38)14-15(1994) 内田 寛
1994/06 質の高い薬剤師の養成に向けての提言-薬学教育に思うこと- クリニカルファーマシー 10(38)13(1994) 内田 寛
1994/06 外来癌患者の服薬指導-第1報- -消化器外科におけるテガフール製剤投与患者について- 薬局45(6)1457-1462(1994) 加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1994/04 子宮収縮促進剤の使い方 マレイン酸メチルエルゴメトリン(劇) クリニカルファーマシー 10(37)68-69(1994) 野々山未希子、下平秀夫 千葉大看護学部
1994/03 調剤薬局薬剤師の外来診察室での研修の試み 心臓血管外科外来研修報告 薬事新報1787,270-273(1994) 内田 寛、下平秀夫
1994/02 巻頭言 外来研修の試み 東京都病院薬剤師会会誌 43(1)3(1994) 大川重俊
1993/12 漢方製剤における剤形の検討-第6報- -温清飲軟膏の試作とアトピー性皮膚炎患児への使用経験- 薬局 44(12)1725-1729(1993) 鈴木智弥、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/11 全自動水剤分包機OSP-1型の使用経験と使用性に関する調査結果について 日本病院薬剤師会雑誌 29(11)1257ー1261(1993) 坂本みどり、岡部葉子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/09 Comparison of Adrenal Function in Kidney Transplanet Recipients with Different Long-Term Immunosuppressive Treatments Prednisolone and Azathioprine versus Prednisolone and Cyclosporine Transplantation 56(3)603-609(1993) Kitaro Oka, Hideo Shimodaira, Toshihiko Hirano, Etsuo Sakurai, Tohru Tamaki and Masami Kozaki 東薬大臨床薬理、医療センター
1993/07 処方照会業務のシステム化 処方照会業務の運用方法と処方せん照会録の内容分析 クリニカルファーマシー 9(34)49-54(1993) 畠山有加、菅原幸子、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/07 漢方製剤における剤形の検討-第5報- -小児への投与- 薬局 44(7)971-978(1993) 菊地恵美子、加納公子、松本有右、下平秀夫、 内田 寛
1993/05 漢方製剤における剤形の検討-第4報- -柴苓湯を服用している患者へのアンケ-ト調査について- 薬局 44(5)673-678(1993) 加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/05 セファランチンの分包に関する検討 東京都病院薬剤師会会誌 42(2)96-99(1993) 新井久恵、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/04 漢方製剤における剤形の検討-第3報- -腎臓内科での柴苓湯ゼリーの臨床適用について- 薬局 44(4)487-490(1993) 加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1993/03 散剤予製機による分包精度と粉体物性との関連性 病院薬学 19(2)129-135(1993) 松原絵里子、小杉裕一郎、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、湯浅 宏、金谷芳雄 東薬大
1993/02 鬼心、佛心 Hospha 3(1)1(1993) 大川重俊
1992/12 処方を考える(5) 医師と薬剤師による座談会 クリニカルファーマシー 8(32)39-48(1992) 加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛 、 工藤龍彦、西里吉則、 田中哲郎 医療センター
1992/11 八王子薬剤センター薬局における調剤支援システム 調剤指示書を用いた並列調剤 東京都病院薬剤師会会誌 41(5)358-364(1992) 玉川弘子、菅原幸子、関川勝治 、加納公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1992/07 処方を考える(4) 免疫血液内科 クリニカルファーマシー 8(30)35-51(1992) 内田 寛、松本有右、若杉和倫 医療センター
1992/06 点眼剤の患者使用時における留意点について 冷所保存点眼剤の安定性をふまえて クリニカルファーマシー 8(29)29-35(1992) 松本有右、内田公子、下平秀夫、 内田 寛
1992/03 錠剤調剤について(一包化調剤と服薬指導を中心に) 東京都病院薬剤師会会誌 41(1)9-14(1992) 内田 寛
1992/02 漢方製剤における剤形の検討 第2報 -無菌試験・成分定量について- 薬局 43(2)213-217(1992) 太田ひさよ、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1992/01 小児科における肝機能障害に対する修治ブシ末と小柴胡湯との併用例について 薬事新報 (1674)31-33(1992) 小杉裕一郎、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、宮川三平 医療センター
1992/01 自動受付機、処方せん搬送システムによる調剤支援 東京都病院薬剤師会会誌 40(6)417-421(1991) 菅原幸子、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1991/12 処方を考える(3)脳外科 クリニカルファーマシー 7(28)40-48(1991) 内田 寛、下平秀夫、蓮江正道 医療センター
1991/11 漢方製剤における剤形の検討 第1報 -形状、味について- 薬局 42(11)1643-1649(1991) 内田公子、太田ひさよ、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1991/11 いま病院薬局は-病院薬局の新人採用状況(1) 化学と薬学の教室 (103)15-16(1991) 内田 寛
1991/10 処方を考える(2)消化器内科 クリニカルファーマシー 7(27)35-43(1991) 内田 寛、松本有右、西里吉則 医療センター
1991/10 処方を考える(2)循環器内科 クリニカルファーマシー 7(27)27-35(1991) 内田 寛、太田ひさよ、石井俊彦 医療センター
1991/10 処方を考える(2)整形外科 クリニカルファーマシー 7(27)18-27(1991) 内田 寛、内田公子、小嵐正治 医療センター
1991/10 処方を考える(2)内分泌代謝内科 クリニカルファーマシー 7(27)8-18(1991) 内田 寛、関川勝治、宮沢克則 医療センター
1991/08 Telepharmacodynamics to predict therapeutic effects of glucocorticoids Lancet 338(August10)385(1991) Kitaro Oka,Hideo Shimodaira 東薬大臨床薬理
1991/07 処方を考える(1)心臓外科 クリニカルファーマシー 7(26)33-42(1991) 下平秀夫、内田 寛、工藤龍彦 医療センター
1991/07 歩き始めた医薬分業 とうやく (328)45-55(1991) 内田 寛
1991/06 患者さんへの心づかいと当薬局の使命 Medical Pharmacy 25(3)107-111(1991) 内田 寛
1991/04 患者を指向する高機能な調剤薬局をめざして クリニカルファーマシー 7(25)7-12(1991) 内田 寛
1991/01 繁用散剤の吸湿性の検討(後編) 日本病院薬剤師会雑誌 27(2)151-157(1991) 高橋美和子、菅原幸子、石原弘子、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1990/12 学術大会参加記 日本病院薬剤師会雑誌 26(12)1459-1460(1990) 志村由美
1990/09 各種血小板凝集抑制薬の健常人における臨床試験 臨床薬理21(3)605-612(1990) 下平秀夫、渋谷晴美、内田公子、松本有右、内田 寛、工藤龍彦 医療センター
1990/04 Suppression of Endogenous Cortisol for Evaluating Pharmacodynamics of Prednisolone in Early Allograft Rejection in Renal Transplantation Clinical Chemistry 36(3)481-486(1990) Kitaro Oka,Toshihiko Hirano,Hideo Shimodaira,Masato Honma,Etsuo Sakurai,Tohru Tamaki and Masami Kozaki 東薬大臨床薬理、医療センター
1990/03 薬の知識 <バイオ医薬品はどうやってつくられるの?> バイエルネット (4)10-11(1990) 内田 寛、小林裕子 エイトライフ
1990/02 腎移植患者の薬物療法と副作用 月刊薬事 32(2)369-374(1990) 太田ひさよ、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、櫻井悦夫、小崎正巳 医療センター
1989/12 当薬局における医薬品卸業者のGSPの調査とその考察 クリニカルファーマシー 5(20)81-89(1989) 内田公子、西村淳子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、茂木 徹、大川重俊
1989/11 薬の知識 その3 <化学療法剤、抗生物質、抗菌剤…どう区別したらいいの?> バイエルネット (3)10-11(1989) 内田 寛、小林裕子 エイトライフ
1989/07 薬の知識 その2 <軟膏って何?クリームって何?> バイエルネット (2)10-11(1989) 内田 寛、小林裕子 エイトライフ
1989/07 調剤薬局からの問題提起-処方内容の確認方法- 東京都病院薬剤師会会誌 38(3)145-151(1989) 内田 寛
1989/06 繁用散剤の吸湿性の検討 日本病院薬剤師会雑誌 25(5)589-593(1989) 高橋美和子、熊谷朋子、渋谷晴美、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛、坂本みどり、吉本与一 明薬大薬剤
1989/05 薬の知識 第1回 <What’s 徐放剤?> バイエルネット (1)10-11(1989) 内田 寛、小林裕子 エイトライフ
1989/04 ニトログリセリン錠およびニトロペン錠の安定性の検討 クリニカルファーマシー 5(17)89-93(1989) 関川勝治、岡部葉子、渋谷晴美、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1989/03 最終監査支援システムの検討 錠剤自動包装機によるOne Dose Packageの重量監査 東京都病院薬剤師会雑誌 38(1)22-27(1989) 内山憲子、岡部葉子、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1988/12 迅速流れ分画法とHPLC法の組合せによる腎臓移植患者の血清コルチゾール測定 病院薬学 14(6)428-433(1988) 下平秀夫、内田 寛、櫻井悦夫、小崎正巳、平野俊彦、岡希太郎 東薬大臨床薬理、医療センター
1988/10 自動錠剤半切機HP-TC62の検討 薬事新報 1505,966-970(1988) 宮本淳子、太田ひさよ、内田公子、松本有右、下平秀夫、内田 寛
1988/09 トライアスロンと健康科学 運動から健康へのアプローチ クリニカルファーマシー 4(14)37-40(1988) 高波嘉一 
1988/04 薬局モニター制度における医薬品副作用事例報告(2) クリニカルファーマシー 4(13)87-90(1988) 三橋淑子、内田公子、内田 寛
1988/03 アスピリンとワーファリンの併用療法における血小板機能抑制効果 臨床薬理 19(1)227-228(1988) 井上みち子、古庄信博、横野 彰、森川正子、坪井 實、工藤龍彦、小長井直樹、山崎 章、高波嘉一、内田 寛 東薬大第二薬理、医療センター
1988/03 調剤過誤とコンピュータ 医薬ジャーナル 24(3)97-103(1988) 高波嘉一、松本有右、内田 寛
1987/12 腎移植患者におけるプレドニゾロン長期投与後の副腎皮質機能回復 病院薬学 13(6)385-390(1987) 下平秀夫、内田 寛、櫻井悦夫、小崎正巳、平野俊彦、岡希太郎 東薬大臨床薬理、医療センター
1987/09 薬局モニター制度における医薬品副作用事例報告 クリニカルファーマシー 11,83-85(1987) 三橋淑子、内田公子、内田 寛
1987/07 人工弁置換症例における抗血小板薬の選択法 臨床薬理 18(1)91-92(1987) 井上みち子、小島 尚、森川正子、坪井 實、工藤龍彦、矢尾善英、河内賢二、山崎 章、高波嘉一、大川重俊 東薬大第二薬理、医療センター
1987/07 腎移植患者の副腎皮質機能を指標とした急性拒絶反応予測診断の可能性 臨床薬理 18(1)73-74(1987) 平野俊彦、本間真人、岡希太郎、下平秀夫、大川重俊、小崎正巳、櫻井悦夫、玉置 透、大河内康光 東薬大臨床薬理、医療センター
1987/06 服薬指導の新しいあり方(2) 薬事新報 1437,584(1987) 内田公子
1987/05 血栓塞栓症の指標としてのアラキドン酸凝集閾値に関する研究 医学のあゆみ 140(9)689-690(1987) 森川正子、井上みち子、小島 尚、坪井 實、工藤龍彦、矢尾善英、河内賢二、山崎 章、高波嘉一、大川重俊 東薬大第二薬理、医療センター
1986/12 腎移植患者のPrednisolone免疫抑制下における副腎皮質機能 臨床薬理 17(1)277-278(1986) 田中恒明、平野俊彦、伊藤かおり、岡希太郎、下平秀夫、大川重俊、小崎正巳、宮本克彦、大河内康光、櫻井悦夫 東薬大臨床薬理、医療センター
1986/12 トライアスロンにおける血清脂質の変動について(第1報) 体力科学 36,439(1986) 高波嘉一、井上みち子、森川正子、坪井 實、石井俊彦、石井ユリ子、岩根久夫  東薬大第二薬理、医療センター
1986/03 全自動散剤分包機OMP-90Aの検討 医薬ジャーナル 22(3)93-96(1986) 下平秀夫、松本有右、大川重俊、伊藤芳明 昭和伊南総合病院
1986/02 薬剤師教育としての薬剤実習 ファルマシア 22(2)140(1986) 大川重俊 
1985/06 医師との共同研究 クリニカルファーマシー 6,64-66(1985) 大川重俊
1985/03 人工弁置換症例の血小板機能に及ぼす各種抗血小板薬の影響 臨床薬理 16(1)61-62(1985) 高波嘉一、森川正子、坪井 實、岡希太郎、工藤龍彦、石川幹夫、山崎 章、下平秀夫、大川重俊 東薬大第二薬理・臨床薬理、医療センター
1984/10 同一成分医薬品の品質試験 日本病院薬剤師会雑誌 20(10)939-949(1984) 下平秀夫、松本有右、大川重俊
1983/05 調剤薬局における試験研究業務の一例 ファルマシア 19(5)442(1983) 大川重俊

注:共同研究施設の項の「医療センター」は東京医科大学八王子医療センターの略です。